接地抵抗低減剤 ホクデンEP-1

製品紹介

環境にやさしい永久的な接地極 ホクデンEP-1

ホクデンEP-1

ホクデンEP-1

ホクデンEP-1とは

火力発電所にて発生するEP灰(Electron Particle)に含まれる炭素を有効に活用し、硬化剤としてセメントを配合した導電性コンクリート接地電極です。 ホクデンEP-1は、北陸電力雷センターと㈱萩原ボーリングとの共同研究により開発された優れた接地電極を形成する為の低減剤です。 大きな接地抵抗低減効果と非常に経済的な接地工事を提供することが出来ます。

 

いろんな所で使われています

太陽光発電
郡山布引高原風力発電所

 

ホクデンEP-1 接地の特色

優れた接地抵抗低減効果

ホクデンEP-1接地は同じ大地抵抗率(比抵抗)同じ施工面積で、他の接地電極と比較し最も低い接地抵抗が得られ、かつ施工費は最も格安となります。

環境にやさしい接地極

ホクデンEP-1には有害成分が含まれておらず環境汚染の心配は全くありません。

雷害防止設備の接地極に最適

避雷針・避雷器・送電鉄塔等の接地極は雷電流をすみやかに大地に逃がして雷電流による電位上昇を出来る限り小さくするためのものです。従って問題となる接地抵抗は、直流分の定常接地抵抗の他に雷サージによる過渡接地抵抗(サージインピーダンス)を出来る限り零Ωに近づける必要があります。 ホクデンEP-1は過渡接地抵抗低減に最も適した接地極を提供いたします。

永久的な接地電極

 

ホクデンEP-1 腐食電食を追放

水素イオン濃度腐食比較試験結果
水素イオン濃度腐食比較試験結果

ホクデンEP-1に包まれた裸銅線や網は水素イオン濃度(pH)の変化による影響を殆んど受けません。よって経年変化はなく、永久的な接地極を作ります。

<試験要領>

北陸電力(株)技術研究所にて実施
電極A:電気銅
電極B:市販品導電性 コンクリートB使用
電極C:市販品導電性 コンクリートC使用
電極D:ホクデンEP-1使用