接地調査・設計

 

接地(アース)工事は、建物の電気設備や精密機器保護に不可欠の工事です。接地抵抗は大地抵抗率に依存するため、現地での測定が必要です。

 

簡易測定方法

接地計算機   

棒電極(Ø14mm×1.5m)を打ち込み、その接地抵抗値から大地抵抗率を逆算する方法です。  この方法で求めた大地抵抗率を測定します。表層部のみの測定であるため、深埋設(ボーリング)電極工法には適用できません。

 

接地調査(四電極法)

接地調査について

垂直電気探査法によって深部の大地抵抗率を求めることができます。下図に示すように電流電極を外側に、電位電極を内側に接地する4極法が用いられます。ウェンナー法、シュランベルジャー法など電極配置間隔が異なる測定方法があります。

パワーメッシュ(銅製網)

外部の電流電極を広げることでより深部までを含む見掛比抵抗が得られます。見掛比抵抗とは真の比抵抗を反映したものですが、一般に真の比抵抗とは異なります。(大地が均質な比抵抗を持つ場合に見掛比抵抗=真の比抵抗となる)。この見掛比抵抗データを解析し、比抵抗構造が明らかとなります。

 

一般的な大地抵抗率(比抵抗)

地質 大地抵抗率(Ωm)
乾燥状態 湿潤状態
1,000~15,000 200~10,000
砂礫 1,000~7,000 200~5,000
300~7,000 100~700
礫岩 300~1,800 100~500
砂岩 200~2,500 100~500
ローム 500~5,000 100~1,000
凝灰岩 100~1,000
シルト   100以下
粘土   100以下
泥灰岩   100以下~
頁岩   約100以下
花崗岩 1,000~10,000
片麻岩 200~20,000
安山岩 200~10,000
玄武岩 20,000
溶岩 1,000~20,000
石灰岩 60~50,000

※出典:志村馨(1965)より引用